ホワイトニング

ホワイトニングで歯を白くする

歯のホワイトニングは、歯の表面に専用のジェルを塗り、化学的に白くする簡単な方法です。
歯科医院でその日のうちにホワイトニング効果を得る「オフィスホワイトニング」と、ご自宅でマウストレーにホワイトニングジェルを塗布して決められた時間、継続的に装着することによってホワイトニング効果を得る「ホームホワイトニング」さらに、神経がなく黒くなった歯を白くする「ウォーキングブリーチ」の3種類があります。
白く輝く歯は魅力的です。しかし歯の色は生活習慣や年齢とともに黄色く変色してきます。自然で透明感のある歯の白さを取り戻すために、是非一度、当院のホワイトニングを試してみてください。

 

歯に色がつく理由とは?

  • コーヒー、お茶、タバコ等による変色
  • 色素が歯の内部まで取り込まれることにより、歯が黄色く見えてしまいます。

  • 加齢による変色
  • 年齢を重ねるにしたがって、人の歯は自然と黄色く変色していきます。

  • 全身疾患に由来する変色
  • 胎児の時期に、母親が服用した抗生物質や過剰に摂取したフッ素などの影響により歯が変色してしまうことがあります。

これらの要因により歯が変色してしまった場合には「ホワイトニング」で改善することができます。
変色の程度によってはホワイトニングの効果が期待できない場合がありますので、ご相談ください。

 

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングについての説明と、現在の歯の色の確認を行います。そして、ホワイトニング効果を得やすくするために歯の表面のクリーニングを行い、歯肉保護、ホワイトニングジェルの塗布、光を照射、効果の確認とクリニック内で1時間ほどかかります。一回のみ施術なので手軽に行えます。
ただし、歯の白くなる程度には個人差があり、一般的には時間をかけて行うホームホワイトニングより白くなる程度は弱めです。

20,000円・税別

 


写真は株式会社ジーシーより転載

 

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングについての説明と、現在の歯の色の確認を行います。そして、ホワイトニング効果を得やすくするために歯の表面のクリーニングを行い、マウストレーの制作をクリニックで行い、完成したマウストレーとホワイトニングジェルをお持ち帰りいただきます。 装着時間は一日につき2時間を、2週間から1ヶ月ほど続けます。使用する期間を調節することで、歯の白さをより白く調節することが可能なのがホームホワイトニングの大きなメリットです。 

15,000円・税別

 


写真は株式会社ジーシーより転載

 

ウォーキングブリーチ

過去に神経の治療をした前歯の色が黒くなって困っている方は多いかと思います。歯は、内側から神経、象牙質、エナメル質の順で構成されおり、歯の表面に存在するエナメル質は、結晶のようにほぼ半透明です。歯の色は、その内側にある象牙質の色が映し出されます。歯の神経が無くなる、象牙細管に物質が入り込みやすく、代謝効果が無くなることから黒く変色しやすいです。
ウォーキングブリーチは、神経のない歯の内部に、専用の薬剤を入れ、変色した歯を白くする方法です。

 

ウォーキングブリーチのデメリットは?
ホワイトニング効果はもともとの色の変色具合によって少し差があるため、隣の歯と全く同じ状態にするのは困難なことです。また、変色の原因によって効果に差がでてきます。
他のホワイトニング同様、月日が経つにつれ色が落ちてきますので、定期的にメンテナンスしつつ色が戻ったら再びウォーキングブリーチ法を行うなどのアフターケアが必要な場合もあります。

 

ウォーキングブリーチの手順

1.歯の内部に問題がある場合、まずは根管治療
ウォーキングブリーチを始める前に、対象の歯に虫歯や、内部の細菌感染が起こっていないかを調べ、必要であればむし歯や根管治療を行わなければなりません。
2.歯の内部に専用の薬剤を入れる
歯の内部が綺麗な状態であることが確認できたら、ウォーキングブリーチ専用の薬剤を、歯の内部へ入れます。多くの場合、対象の歯の裏側に穴を開け、薬剤を流し込み、それを1週間毎に1回の頻度で数回繰り返します。
3.裏側に詰め物を行う
歯の色が理想の白さになったところで、裏側の穴を埋めて終了となります。


 

神経の無い歯を白くする、ウォーキングブリーチ以外の方法は?

ジルコニア・オールセラミックス
ジルコニアという特殊なセラミックをフレームに用いることで強い強度が得られます。強い力のかかる奥歯やブリッジなど強度が必要な場合にも金属を用いないで治療することが可能です。
オールセラミックス
金属を一切使用せず高い光の透過性で、より自然な美しさと透明感をもち、耐摩耗性にもすぐれています。審美性に優れており、前歯の治療に向いています。
メタルボンド
白金加金の上にセラミックスを焼き付けたものです。十分な強度があり、耐久性も抜群です。
ラミネートベニア
歯の表面を薄く削り、その部分に薄いセラミックを貼り付けて歯の色を美しくする方法です。
ハイブリッドセラミック
合金の上にセラミックとプラスチック樹脂を配合した材料を盛り上げたものです。セラミックに比べて、強度と審美性などがかなり劣りますが、銀歯よりは生体親和性は優れます。
セラミッククラウン
治療の流れ
①歯を削り、セラミッククラウンのための土台を作製します。
②歯型を取り、作成するセラミックの色を決定します。
③完成したセラミッククラウンを口腔内で合わせ、調節します。問題がなければセメントで接着し、完成となります。
メリット
セラミック治療は、色を細かく調節でき、天然歯のような仕上がりになります。表面に傷がつきにくく、汚れの付着や着色のトラブルが少ないのが特徴です。
デメリット
被せ物なので、対象の歯を削る必要があります。また、完成までに時間がかかります。
セラミックインレー
むし歯を削ってセラミックでつくったの詰め物で修復する方法です。
通常は銀歯で治療されている方は多いですが、セラミックを使用することで、審美性を高めることができます。また、生体親和性も高く、銀歯と比べてはるかに長い治療予後を期待することができます。
むし歯が比較的小さくその範囲が狭い場合や、銀歯が気になる方に適応です。

 

関連投稿

オフィスホワイトニング

こんにちは。旭川一条通デンタルクリニック受付よりご案内です♪ 本日よりオフィスホワイトニングを施術の方へホワイ …続きを読む

どのホワイトニングが適しているの?

こんにちは!院長の長谷川博一です。 最近、旭川一条通デンタルクリニックを訪れる患者様の多くが、歯を白くすること …続きを読む