静脈内鎮静療法

静脈内鎮静療法とは

当クリニックでは、患者様の治療への不安な気持ちに寄り添って、治療への苦痛やストレスを可能な限り小さくして気持ちよく治療を受けていただけるようにも努めております。静脈内鎮静療法は、腕の静脈に点滴をして鎮静剤を注入する方法です。点滴して数分後にお薬が効いて眠くなります。意識はありますが、不安や緊張が和らいで痛みが感じにくくなります。場合によっては完全に眠らせる事も可能です。
親知らずの抜歯、インプラント治療などの際には静脈内鎮静療法を採用する場合があります。うたたねしているような状態で治療を受けていただくことができ、不安や苦痛を感じることは一切ありません。


 

静脈内鎮静療法Q&A

1 静脈内鎮静療法の効果は?
●不安や恐怖心が薄れ、リラックスして治療を受けることができます。
●緊張が強い患者様の場合、血圧が高くなったり脈拍が早くなったりすることがあります。静脈内鎮静法を用いることで血圧や脈拍が安定し、安楽な状態で治療を受けられます。
●健忘(けんぼう)効果があるため、実際よりも処置時間が短く感じられます。
●口の奥に器具が入ると吐き気をもよおす「おう吐反射」を抑えられます。
2 適応となる人は?
●歯科治療に対する不安や恐怖心が強い方
●歯科治療中に気分が悪くなったり、脳貧血を起こしたりしたことのある方
●高血圧症、心臓病などの持病があり、全身管理が必要な方
●おう吐反射が強い方
●リラックスして歯科治療を受けたい方
3 静脈内鎮静療法を受ける前の注意点は?
●治療前のお食事・水分の制限は必ず守ってください。
●当日の服装は前が開けられ、袖がたくしあげられるものでお越しください。
●当日のご来院時および帰宅時を含めて、終日、自動車、オートバイ、自転車の運転は禁止です。
●帰宅の際は付き添いの方が必要です。または、ご自宅までタクシーでお帰りください。
●化粧、マニキュア、ジェルネイルはオフしてきてください。踵の高い靴の着用は控えてください。

 

体験者の感想

親知らずの抜歯を静脈内鎮静療法にて受けました。
抜歯自体が初体験だったため、当日はかなり緊張をしていましたが、麻酔の点滴が入った数秒後には感覚が無くなり、目が覚めたら全て終わっていました。意識はあるとのことでしたが、抜歯中は完全にうたたねの状態で、何も記憶がなく全く痛みも恐怖も感じませんでした。もちろん、作業されている音すら覚えていません。こんなに素晴らしい方法があるなんて驚きです。【30代・女性・2018年】